読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

澄みきった表情②

PLAYZONE

初日から千秋楽まで
林くんの表情澄みきってて
この人どこまでのぼってっちゃうんだろうって。

ぷれぞんなくなるの悲しい。

 

 

 

2幕

*アンダルシアに憧れて
どうしても言いたいことがある。

「衣装変えない?」

前後で色がくっきり変わってるから、特に2階から見てるとばっちり揃ってるのが窺えるんだけど
やっぱりやっぱり赤黒衣装でこんなにもかっこよくないのも珍しいよなってごにょごにょ
プレゾン期間中にLOVEコン観ててCallingの衣装がやぱりかっこよくてかっこよくて
アンダルシア…と思ってしまった。
それにしても2番から完璧な間隔で登場するカンパニー完璧よね。
完璧以外言葉でてこないもん。
後ろに反る角度とか完璧すぎて怖い。
そしてこの曲も林くんがセンターにいるんだよなぁ。センターなんだよなぁ。
凛とした表情のはやしのしょーちゃんがとってもかっこよかったです。
林くんのクラップする時の手の形が好きです。


*$10
カンパニーの対決~!スクリーン映像のまま舞台セットされててひゃぁ!ってなった。
林くん、しずやとか、ザキさんとか、池たんとか、辰巳とか、いろんな人とアイコンタクトとりながらぶつかり合ってるの見てるのが楽しかったよ~。
「タンクトップを着る曲があるのでちょっと鍛えてる」っててれふぁんで話してたけど、
タンクトップゆるゆるすぎて何度も肩直してる林くん激かわ…って言わないんだった!!!
激…激…細…←おい
だって~江田ちゃんの二の腕が~~~~
C!てんだらー!のウィンク林くん最強だったよ!
これも、ころころ表情変えながら踊ってたなって印象のある曲。

あとあとえび担のおともだちに言われたんだけど、
のえるが台宙するところ、えびがやってたのそのまま再現なんだね~って。
タイミングもばっちりで泣いた~~~って言ってて。
そんなとこまで再現しちゃうカンパニー最高だぜ!!
って思いながらもDVD見返せてないので今度ちゃんと見ときます(絶対見る)


*愛されるよりも愛したい
イントロが大好きなんですよ。だって未満都市(っていうのは黙っとこう)
イントロにぴったりなクロス照明とピンクと紫の照明!?!?青劇最高かよぉ!
優馬、また歌うまくなったんだなぁ!って思えた一曲だった。
途中からふぉ~ゆ~と"MAD"登場で、真剣に真顔で踊ってる7人がいっけめんなんだよなまたこれが。
視線泥棒は幸大でした。
っていうかほんとに青劇のセットに改めて感動したのこの曲。
2階のほぼドセンで見る機会があったんだけど、
福 辰 松
幸 越 池
  優
で前からセットがずれてってるのはもちろんなんだけど、
優馬から一直線に並んでるのかと思ったらこれ実際表すと
福 辰 松
 幸 越 池
      優
って感じで、ドセンから見ても一切かぶらないようになってたんだなぁって思って
トラビスすげえええええええ青劇すげええええええええ
ってなったのでした。
そんなすごすぎる青劇がなくなっちゃうのやっぱり悲しい。
舞台照明とか、ほんっっっっとに神がかってるんだよねぇ…
こんなに計算された照明の設置のされ方してる劇場、なかなかないよ?って。
そんなことを思いながら観ていた愛愛でした。


*愛・革命
割と好きだった翼が乗って出てくるトロッコみたいなやつはなくなってて、
んんんんん宮近の関係もあってなくなったのか?って思ったところもあり。
トラジャ8人セリに乗って、ただ上下したっていうなんとも言えない演出が!←
もったいなかったなぁ。もっと踊ってくれよー!って。
でも斜めになって順番に最後のクラップまで持ってく流れ振りは何度見ても震えますね!
日生でひろきが体調不良で不在だったとき、7人になったのを感じさせないワンテンポ遅れた振りも完璧だったりで
この曲の終わり方は大好き!


*ロマンチックタイム
「Tomoyuki~Wake Up~」これステイシーの声やんな?
最上手のM列付近の手すりに寝そべってるおかっぱメガネのださすぎる屋良くん。
Aメロ入ると上手から回転椅子で江田さん登場だよぉぉぉぉ
初日ひぃぃぃぃぃぃぃぃってなったよ?
黒カーディガン肩にかけてプロデューサー姿だよぉぉぉ
屋良くんの肩トントンしてこっちきなさい!的な。
iPhoneとノートとペンもって横ゆらゆらしながらおしりふりふりして
両手で枠作って屋良くんとらえて
「うーん、どうやってプロデュースしようこの人」みたいな。みたいな。
屋良くんのメガネ外したらスタイリスト林とヘアメイク山本の登場

林くん首にメジャーかけてるかわi(って言わない!!!!)

林くんエプロンで亮太腰だけのサロン。
サロンのポケットに鏡とヘアスプレー入ってて、亮太がしゃ~~~~~って屋良くんにヘアスプレーするの~
その間に林くんがカツラとって、
亮太が鏡にちゅ!ってして「いかが?」←聞こえてくる(幻聴)
3人ハケて~林くんが屋良くんのジャケットもってきて着せて~
4人でだーーーーーーーんす!
屋良theyきたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(゜∀゜)
メジャーしゅーーーーってやる林くんかわ ( ) すぎだし
屋良theyジャンプの瞬間揃っていすぎだし
久々の屋良theyに沸いた。沸いた。
会場の全They担死亡寸前。
3人ハケて、緞帳裏に。(シルエットだけ見えてるのもこれまた良い◎)
ファストテンポじゃないし、バラードでもないし、ミディアムすぎないし、
絶妙すぎるテンポ保ってるこの曲いまのthey武道にぴったりすぎた感謝感謝!
ゆっくりすぎるターン綺麗すぎたし、
"リードされっぱなしさ"のところだったかなぁ…
林くんが下から上に手をゆーっくりあげてくところがほんと好きすぎて…(死)
指先が天井ついちゃうんじゃないの(盛った)
って思えちゃうんだよね。林くん自分の指先の最後まで視線も一緒に踊ってる感じがたまらないよ~~~~~
アウトロでダサい屋良くんに戻る。
なにこの曲。最高かよ!もっとやって?もっとやって?
てかthey武道にミュージカルくださいお願いします!!!!!!!!!!!


*スシ前コント
初日と千秋楽だけここに記載を。
「あははっ夢だったのか~」って照れながら最下手扉ハケようとする屋良くん、扉開かない!
ステージ上に優馬登場

優「屋良くん!なにやってるのスシ食いねぇ始まっちゃうよ!」
屋「だから、扉が開かないんだって!」
優「屋良くん早く!!!」

プリン食べながら越岡登場

越「俺川越シェフみたいじゃない?」
優「屋良くん早く!もうステージで着替えよう?」
越「屋良くんなんか髪型変じゃね?」
屋「キャラだから!!」

朝日と池たんに屋良の服もってくるように頼む優馬
客席おりて屋良くん迎えに行く

優「早く早く!」
屋「え、嘘でしょ!?」

初日はまだ手引っ張ってステージ連れてくだけったのに諸々エスカレート最後はお姫様抱っこ~

ステージ上で着替え手伝う朝日と池たん
屋良くんかぶってたカツラ被る越岡
屋良くん服脱がされてく
朝日池田にサロンで隠されながら着替える屋良くん

池「いーちにーい……はーちーはーちーはーちーはーちーはーちーきゅう!」
優「屋良くん早く!!!!!」
朝日池田サロン落とす

屋「ちょっと!!!」

優「スシ食いねぇカモン!」

~千秋楽~

扉やっぱりあかない屋良くん。
屋「照明さん!おれはそんな小さくない!」
優「屋良くん!屋良くんはちっちゃくない!!」
屋「うえ!?」
優「うんうん。俺の愛犬よりは全然大きいから!」
屋「ここあけて!?スタッフさん呼んできて!?」
優「スタッフさん、鍵〜!ってやっべ、俺が鍵もってる」
鍵ぶらぶら
越「優馬?優馬?」←お決まりのこっしーセリから顔出す方間違ってる
優「こっしー違う!こっち!こっち!」
一旦はけてふぉ〜ゆ〜四人で縦に顔出す
優「ねえ、誰連れてけばいい!?ほら見て屋良くん!遊んでる!」
屋「空かないんだってば!」
優「だってここに鍵あるんだもん」
屋「でもここ鍵じゃないよね!?」
越「うーん、屋良くんも気になるけど後ろの3人ずっとこっち見てるんだけど…」3人無言でハケ
越「あ!!!!!!ステージで着替えよう!」
優「それはあかん!!ステージで着替えよう!」
越「俺が今それを言ったんだけど」
優「なんだぁ言ったならそう言って!?」
越「だから俺が屋良くん連れてくるから優馬着替え持ってきて?」
優「つまり俺が着替えをもっ」
越「そう!!!!そう言った!はい!!!」
優「わかった!こうしよう!急ごう!」
越「ともゆーきー」
屋「こしおーかー」
越「ともゆーきー」
屋「こしおーかーむかえにきてーーー」
越「ともゆきさん、むかえにきたよ!!」通路側のメガネの男性に話しかける
屋「こっしー!ちがう!!おれこっち!似てるの肌の黒さだけ!」
越「ほらー恥ずかしがらない!」お姫様抱っこ
優「わかめちゃんや!」(かつら)
着替え
屋「下隠して!ほら!」
優「横から見えてるけどね」
屋「足袋!足袋は!?」
林「先輩!持ってきました!」(お祭り忍者の)
屋「それちげーよ!白いやつ!」
越「しかもそれ屋良くんのじゃなくない?」
林「…あ、俺のっす!間違えちゃったんでアシスタント呼びます!!みんな!」パンパンッッ
全員自分の黒足袋もって登場
亮太サントラ盛ってくる
林「屋良くんこれ2枚組なんで片足ずつ履いてもらっといてもいいですか?」
屋「CDはけねーから!」

亮太自分のエプロンつけなおし
他もわちゃわちゃしてこっしーエプロンつけそびれ
優馬も支度間に合わず曲スタート
こっしーしばらくカツラのままエプロンも手に持ってスシ食いねぇ

こんな楽しいコント前楽は日生プレゾン学園のレッツ&ゴー&林先生だったみたいで
あーーーー見たかったよぉ!なんて思ったりもしたけど、
1月はきっとこんな楽しいシーンないんだろうなぁって思いながら
笑いながらも寂しい気持ちなったのでした。


*スシ食いねェ!
だいすきだいすきスシ食いねぇまたやってくれてありがとう…
スロットも楽しすぎてどっち見たらわかんなかったYO!
林くんがちぇけら!YO!ポーズでほんとかわいくてかわいくて(諦めた)
こっしーの横にならぶ林くんかわいくてかわいくて
ひろきとペアくんでる林くん笑顔満開過ぎて
もうすしくいねぇさんきゅーさんきゅーでーす(;____;)


*フラワー
去年から奇跡巻き起こし続けてるフラワーです。
もうこの曲きっと永遠に私のなかで林くんのフラワー
なぜか今年"MAD"不在でしたがメンバーのわちゃわちゃの可愛さ無限大
(っていうか衣装がゆる~くてほんとに好き)
2階にふぉ~ゆ~登場で楽しかったなぁ、ザキさん、楽しかったよぉ…

「ザキさんだよぉ!ザキさんだよぉ!!!!!!」
「じゃ、1階に戻りま~~~~す!!!!」

笑顔ふりまく辰巳先輩いけめんっす。
福越シャッフル通路には入りませんでした。
(なぜならお察しの通り林通路が18-19だから)

ただのファンサ曲と思い続けてたけどこの夏何かが変わっていた…!
通路ですれ違うごとになんかわちゃってるメンバーかわいすぎてなんかもう…
最後は舞台袖座ってわちゃわちゃわちゃわちゃしてるし
(亮太がただのゴールデンレトリバーだった)
アウトロ軽い振り付いてたし
満足満足一本満足!(ふざけた)
千秋楽、え~~?って顔しながら最後はま、いいか~って顔してカツラかぶってる林くん推せる。
でも、なんで"MAD"いなかったの?残る永遠の謎


*We'll be together
光りの中から登場する面々まぶしすぎたやつ…。
すれ違うメンバー、一人一人とアイコンタクトとってく全員が素敵。
ここだったかな、いつも林くんと屋良くんがアイコンタクトとってたの~。
勝手にだけど、今のPZメンの未来を示してる歌詞のように聞こえてきてしまって、
千秋楽いっぱいいっぱい泣いたな。
「最後に、大きな声をきかせてください」
って、なんかどっかのだれかの台詞みたいなこと翼が言ってたけど、

いくつかの場面がありました。また君に逢うためのサヨナラをします
別れたまま風のたよりのまま、遠く離れて時を過ごしていきます
流れる季節にからかわれながらやがて来る明日を夢見ます
We'll Be Together 肩をたたかれ振り向いてもそこに 落ち葉が舞うだけ
We'll Be Together ノックでドアを開けてみてもそれは 春風のいたずら
We'll Be Together 別れた時より素晴らしい場面を 創り出すなめに
We'll Be Together サヨナラ言いますやがて来る明日を 楽しみにしてます

3回目のWe'll be togetherで歌い始める林くん
それまでずっと前列、2階の客席見上げながら揺れながら少し口ずさむように歌ってて、
自分のパート来た時に、やっぱり右手でリズムとってるのは無意識なんだろうか
クリエのエピローグだったり、僕らの街で、だったり、
林くんが自分の感覚で揺れながら歌ってたとき同じ感じで、
いまあそこに立って歌ってるのが心地良いんだろうな
っていつも思ってた。
日生のパーティすごく好きだったから、もっかい見たいなって思ってたけど、これはこれですごく好きだったなぁ。

千秋楽、屋良優馬翼3人がまっすぐ光のなかに帰ってくとき、3人そろってガッツポーズしてて、
歓声っていうより拍手が起こったのには感動したなぁ…


*ROAD TO PLAYZONE
RPZ、GPZ、Liarって1曲1曲の間に映像が流れたり、結構曲間多いなって思ったけど、
でもあとあとになってこの間隔必要だったなって。
最後の3曲観てる側も気合入りすぎて、出演者ハケてから、あ、ずっと肩に力入ってたのか、って気づいたり。
この曲終盤の最初にもってきてくれるのすっごく嬉しかった。
踊り切って、もう疲れてるはずなのに…!
そんなこと感じさせないカンパニー成長したよなぁって思ってしまった。
その度々に歌詞変えてきてるこの曲だけど、2013(twenty thirteen)のとこが2014(two O one four)になってたり。
ラスサビ前にそれぞれがポーズとってるところ、屋良くん今年身体がどうなってんのかよくわかんなくなったりしてて観てて楽しかったし笑
ほんとこの曲に飽きるって言葉が全く沿わない!
ハケる前のどーんってキメるとこほんとかっこよすぎて(語彙力)


*Guys PLAYZONE
好きすぎて好きすぎて好き以外に言葉ない。
そんで、この檻もう見れなくなっちゃうのかなぁ…って思った瞬間涙止まらないよね笑
何より、亮太完全復帰したとき入ったのが2階で、
3人でハイタッチ交わしてる姿こんなに頼もしかったっけって
この曲こんなに泣ける曲だったんだっけって
いろんな感情ごちゃごちゃして大変だったわ←私事
林くんがより一層雄化してる曲だったわ…
檻のなかであんなことやこんなこと(黙)
こんなに激しい曲だけど最後センターでみんなが揃うまではこの曲もいろんな人とアイコンタクト交わしながら
時に一緒に手組んでみたりハイタッチしてみたり
2部ある日の夜のGPZはみんなの"出し切ってます"感がハンパじゃなくて大好き。
この曲だけボリューム上がるから1階に居ると特に地盤揺れてるんじゃないかって思うくらい伝わってくる感じが大好き。
"Don't be afraid ひとりじゃないから"で人差し指立てながら後ろ下がってく林くんがたまらなく好きだった。
"ROAD TO PLAYZONE走り続けよう"で大の字ジャンプ人一倍高く綺麗にキメようとしてる林くん大好きだった。
Guys PLAYZONE、とにかくだいすきでした…。


*Liar
澄みきった笑顔で客席を見おろし、見上げる林くんは
今までの林くんと全然違った表情をしてて、
やっぱりクリエでなんか掴んだんだろうなって
それしか思い当たることない!ってくらいの澄んだ表情してて
あ、これからのThey武道楽しみにしてていいんだなって
素直に思えたんだよなぁ
千秋楽、隣で泣いてる亮太の横でこの夏最後のプレゾン噛みしめるように、踏みしめるようにそこに立ってた林くんが凛としすぎててまぶしかった。


翼の最後の挨拶
29年目を迎えたプレゾンが夏の青山劇場で今回が最後となりました。その節目となるこの年に、このメンバーだ、このステージに立てていることに感謝申し上げます。最高のファンと、スタッフに支えられてやってきた僕らにとって、最高の財産となるものをもらいました。来年1月には青山劇場のご好意の元、プレゾンスペシャル公演をやれることになりましたが、プレゾンに限らず、ここに立ってるメンバーは、今後いろんな形で組み合わされていろんなステージに立つと思います。(何この言い方!?ってなったのは小声で)その時は、ここのメンバー全員のことを応援していただげすよう、よろしくお願いします。まずは1月公演で皆様にまたお会いできることを楽しみにしております。


ダブルカテコの前、それぞれが
「ありがとう」
って直筆で書いたスケッチブックもって客席バックの写真。
パンフレットのシルエット、のまま最後のカーテンコール。

あーお願い幕閉じないで閉じないで!って何度も思っちゃったな。
終わってほしくない夏の最後の青山劇場のPLAYZONEの幕が閉じた。


追記のお見送り。
つーこさん登場で(久々に見たわぁ)諸々注意事項言って、お見送り~
あー林くんほんとに出来ジュだなぁ!って思って
そのまま駆けて外挨拶聞かずに電車乗りました。笑

終わっちゃったんだな~千秋楽から3日経ったいま、
夕方レポが何一つ流れてこない生活送ってて、
やっと実感してる。入ったのにね、千秋楽。

でも今回の千秋楽は、楽だからお見送りだから入りたい!っていうよりも、
次の現場がもうわからないThey武道の千秋楽だから入りたい!って思ってた方が大きくて。
もし歌舞伎の時みたいに、次の現場が決まってたらそれほどどうしても入りたい!!
ってほどでもなかったのかなぁって。(歌舞伎はまた特別だから感情移入大きいんだけども)
昔から千秋楽より初日!な私ですが入れば入ったでもちろんやっぱり楽しいんですけども。

今回、亮太のことも経て、またひとつ大きくなったんだろうなって思ってるよ。
まだ感情がまとまってなくて、言葉にできないんだけど
2年後3年後にさ、
「あの時あんなに心配したのに欠けずに毎日亮太舞台立ってたよねぇ!」っておたくが言えるように、
「あの時ほんとに大変だったよねぇ!!」
なんて想い出話のように話してくれる3人の姿がったら、
そして、それを話す場所があり続けてくれたらいいなって、
心の底から思ってる。
ツアーやりたい!ってツアーやりたい!って言ってくれるようになった子達だから、
それを口にだす機会になってくれたクリエにほんとにほんとにほんとにありがとう!って思ってるし、
過去を大切にしながら今を、未来をもっともっと大切にする3人なんだなって改めて感じることができたから。

もしかしたら年末まで無職なこの5ヶ月という空白の期間、この先のThey武道の何かに変わってくれるんだろうなって今なら信じられるし。
いや、もちろん福岡初日何の迷いもなく飛ぶけどね?笑

だからこれからも、林くんと、江田ちゃんと、亮太くんが、3人笑顔でステージに立って輝き続けますように。


They武道の未来に幸あれ。