読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

They武道クリエ単独初日

They武道

ジャニーズ銀座
They武道初単独公演初日

2014.5.19

 

 

18:00過ぎ。
裏で7人の円陣組む声が聞こえる。
会場のボルテージはMAX。幕が開いて、照明は青と黒。
インスト音と共にメインステ階段前に、3人が揃う。
音が一瞬消えて、PARADOXが流れる。

M1. PARADOX (嵐)
衣装新しそう。
yeahもbaby〜 も全部智パートは林くん。
振り起こしたのかと思ったのは束の間で、全部オリジナル。
翔くんのラップはもちろん山本亮太。そこからのoh〜oh yeah yeah can you make me fly highもファルセットのbabyもladyもビブラートもトーンもまるで智な林くん。
声が本当にきれいで、智の声聞いてるのかと思った…
そして嵐のもだけど、亮太振付も目で追うの大変なくらいのフォーメーション…

M2. スワンソング (KinkiKids)
息つく暇なくスワンソングのイントロが。
ミックスされてて、林くん「本当に終わりなの〜」のソロからユニゾンでサビのみ。

M3. Journey Journey (タッキー&翼)
下セ上で江山林。ステージぎりぎりで歌う!
江「they武道単独だよ!楽しんでこーぜい!」
第一声は江田ちゃん!笑

journey journeyの1番終わったところで。

山本「やっと決まった!!!単独ライブ!!!!僕たちthey武道と、みなさんで最後まで盛り上がっていきましょう!!!」

江「盛り上がる準備はできてんのか!俺たちは準備できてるぞ!!今日はみんな最高の思い出作ろうぜ!」

林「みんな盛り上がってんのー!?もっと!もっと声ちょうだい!もっと!もっと!もっと!もっと!その調子で最後までよろしくーっ!」

らーららららら〜歌いながら「もっと声聞かせて!」な林くん
この3人のオープニングの挨拶は一生忘れられない…
自然とこうなっちゃうんだろうなぁ…って少し思った。
去年は江田ちゃんが「いらっしゃいませ~~~~」ってにのの真似してたけど、
何なんだこの挨拶は。笑
やっと決まった!の亮太はほんとに感情があふれ出た!みたいな感じだけど
最後まで盛り上がっていきましょうってどっかできいたことあるし←
江田ちゃんのなんてもろどっかできいたことあるし←
林くんのもっともっとってその調子で最後までよろしくもどっかできいたことあるし←
もう嵐っこすぎてつらいよぉ…

M4. weeeek (NEWS)
林「さぁ今日一緒に盛り上げてくれるメンバーを紹介します!MADE!!!」
福士!冨岡!稲葉!秋山!だったかな?
「せーのっっっ!」の影声で明日っからまた日月火〜
立ち位置ずっと下セ上で山江林で、通路通ってお立ち台へ。
後半、行きと同じ通路でステージに戻ってくる。
weeeekのアウトロの締め方
林くん「今日のThey武道の単独ライブ、最後まで楽しんでってください!!」
例年の嵐のトラメ(他)の翔くんの終わり方そのままw笑


M5. 涙ひとひら (KinkiKids) 
そのままメインステで涙ひとひら。た、たぶん踊ってた?
基本的に踊ってない曲がなくて曖昧…

林「次は山本亮太!」

M6. C=Normal

亮太のソロ開始。メインステ、MADEと5人で相当激しい振り付けで…。
5人のフォーメーションがほんとに綺麗で。彼は何を誰を参考にしてるのかなーって少し思った。
途中でミキサー入って、曲調のスピードも早くなる。
間奏かな、MADEがバラバラに止まってて、亮太が一人一人の肩を叩いてフリーズを溶いてく振りつけあり。
最後までがっつり。MADEもすっごく汗かいてて、ほんとに踊ってるんだなぁって思った。

そこから、歌舞伎のエンドロールの曲流れる

江「ついこないだまで僕たちは滝沢歌舞伎に、山本はendless shockに出させてもらってました」
林「その他にも、たくさんの舞台に出演させてもらいました。すべてがかけがえのない経験です。その中から、僕たちが特に思い入れのあるナンバーをダイジェストストメドレーでお届けします」

山「最初は…無限の羽」(超キメ顔)

M7. 無限の羽 (滝沢秀明)
この時点で立ち位置は下セ上で林山江
山本はセンター階段上、江田林がサイドのスピーカーの上のスタンドマイク…で歌う…。
スピーカーがあってサイド席はあんまりよくない~みたいな評価になってたから
まさかそこに乗ってしまうとは!びっくりした。でもサイドのお客さんも死角なし!

M8. honey beat (V6)
3人がメインステ集まってくる たぶん下セ上で江山林
やっぱりすごく楽しそうにぎゅぎゅっと詰まってるこの曲。
プレゾンのときよか笑いあってる3人
なんかすごく安心しちゃうのはなんでなのかなー。
わらって〜わらって〜はV6の原曲振り。
アウトロは階段上がってきめぼーーーず!完璧!アイドル!

M9. Dream Boy
M10. new horizon (堂本光一)
(まさかの) (神) ハットとステッキ!
気づかなかったんだけどステージのぎりぎりのところにステッキ3本あった?
立ち位置はまだ下セ上で山江林…林くん片手側転披露ー\(^o^)/わーーー\(^o^)/
曲終わって林「側転した時脇腹やった」
これきけると思わなかったにゅーほら大好き(; ;)

山本「まじかよ。ってかえだちゃんは?えだちゃぁぁぁぁぁぁん!」

「meow」

M11 猫中毒
お立ち台に猫姿の江田現る\(^o^)/笑
MADEも一緒にお立ち台!
も~~~~江田ちゃん最高だよ!
「それぞれのキャラを生かしたソロ」ってwwwこのことwww(WU談)
たぶん、稲葉福士が下手、他3人が上手通路でかえってくる
MADE冨岡以外かピコピコハンマー持って江田のこと叩いて終了

大河「なにやってんだよ!いくつんなったんだよ!!」

江「3しゃい!」

大河「嘘つくなよ!26だろ!!そんなこと言ってるとご飯没収だよ!」

目覚まし音
ここで箒盛ったママ姿のとみけん登場

冨「今日は早く起こさなきゃおきてー!」

林くん寝癖つけて青チェックのパジャマでリアルな顔の猿のぬいぐるみ持って登場

冨「しょーちゃんまだ寝てたの!今日は単独ライブでしょ!まだそんなの持ってねるの!ちょっと怖いわよ!!」

林「え?可愛いでしょ?いつも一緒に寝てるの。智っていうの」

冨「ビジュアル考えた方がいいかも。亮ちゃんはなんなのそのピンクの枕!

山「亮ちゃんはこーゆー枕じゃないと寝れないの。ちなみにこいつの名前も智!っていうんだ!」

林「だめだよ!せめて光一にしろ!!」

冨「ピンク好きっていったらたっきーだからほんとだめだよそーゆーの!」←よくききとれず

冨岡ハケて

林「暑いね!なんでティッシュ持ってんの」

山「暑いね。ふきふき」(顔ポンポンしてる)
今日変な夢見たんだよ。あの小さいおっさんがさぁ、なんかぶっさいくな4人と猫の格好して踊ってんの」

冨岡「ぶさいくってきこえたから」って戻ってくる

江田ちゃん茶色いネグリジェで登場

山「小さいおっさん鼻むくんでるけど大丈夫?」

江「これとれるんだよねっておい!」

3人「よし!」

林「そんな江田ちゃんに特別なものを」

って林くんが下手袖からでっかいワイングラス…

江「なんか色おかしくない!?」

林「なんかこの展開見たことあるね」

山「夢でみたわぁぁぁぁ!!!去年」ロシアンルーレットwwwwww

林「リアクション!」

飲む 吐きそうな江田ちゃん

林くん「味は?味は?」とかきいてるのにめっちゃ心配そうに「大丈夫?」って笑

江「え、栄養ドリンク」

3人「よし」←ところどころのこれが可愛い

ここでスーツ姿の稲葉登場

稲葉「稲葉光です!時間がないんです!早くしてください!」

林「マネージャー?」みたいなやりとりをして、ハケ〜

M12 オリジナルブルー(KAT-TUN)
オリジナルブルーはメインステでそれぞれワイワイと。
大河が女の子の格好して江田ちゃんのうたわ持ってたり。
楽しい!振りがちょーーーかわいい!!!
love and peaceのとこがほんとにかわいい!

M13 be a man (少年隊)
そのあとのジャズ曲
3人で頑張ってるジャズダンスって!!このこと!!!!もう涙止まらないのなんのって

M14 運命のひと
下セ上で江山林 ハモりが本当に本当にに綺麗だった…。
「運命を信じたい君とだから "大丈夫瞳閉じて"」のハモリの破壊力・・・
動かすから〜ファルセットなしで歌い上げる林くん…これは踊りなし
アウトロで階段上ステージにスタンドマイクセット!


M15 ハダシの未来 (嵐)
まさかまさか!と思ったら(; ;)
clap your handsの亮太の発音!かわ!笑
ななななーなーなー 最初は下セ上で江山林、 林江入れ替わって通路からの一回お立ち台行って戻ってきて林山江
7人でハダシ(^ω^)!!ひゃぁぁぁぁぁぁ!やばい!らぶこんなかったからやばすぎた!
最後、りーくつじゃなくてむーちゅうになって!の手上げて担当と一緒に手降ろしてくのがほんとそのまま\(^o^)/


~MC~

林「盛り上がってますか!改めましてthey武道でーす!さぁMCです。MCです。座っていいんです」

山「上着脱いでいい?いい?おもったいんだよこれ…つらくない?俺の汗見て!」

山「まって君たち昨日何時に寝た?ちなみにきくけど!」

林「えーっと・・まぁ…結構早く寝たよ」

江「俺10時くらいに寝たよ」

山「はい緊感ぜろおおおおおおお」

林「それはちょっと早くないか!おじいちゃんの生活じゃん!!!」

江「違うよ今日に備えたんだよ!!!」

山「君たち!僕はメールしただろ朝の4時に」

林「違うよみんな。騙されないで。朝の7時過ぎてたよ。起きたら、"寝れない…"ってメールが入ってたよ」

山「まじで緊張してねられなかったんだって!!!誰かおきてない?助けて?って送ったんですよ返事なし!!!」

山「でも他にも送ったの!!!!光一くんでしょ、JUMPの有岡くんでしょ、きすまいの二階堂くんでしょ、でも返信来たのは有岡くんだけっっ!!しかも~時に送って~時に帰ってきたの(時間覚えてないけど2分くらいだったwww)何してんのって聞いたら仕事じゃボケ!って」

山「お前それ聞くの普通だったら超失礼だからなって言われちゃったよ。あと二人は返ってきてない!そしてこの二人は朝10時くらいにうん寝れた!!!って帰ってきたから」

林「にこ!って顔文字とともにね!」

~クリエに立てて~

林「とにかく単独ライブはじまりました。ほんとにここに立ててるのはみなさんのおかげです!」

山「俺ねもう泣きそうだったんだよ。最初っから。ぱらどっくすの、(wanna make love wanna make loveのところ歌う)」

林「こいつね!もうリハで泣きそうになってたの俺見てたから!稽古場ですでに顔真っ赤になってんの。(亮太のものまね)」

山「もうやめよう!ね!!!!」

~俺が振り付けたんです~

江「舞台のね、曲歌ったじゃん…」やっぱりトーク続かない江田ちゃん

山「きいてえええええ!無限の羽うたっておどったでしょ!?滝沢君の!!!これでもう滝沢くんに裏切られたなんて言われないから!!!もう裏切り者なんて言われないからみんなツイッターにつぶやいてね!!!」

林「でもそしたら光一くんに言われるじゃん。裏切り者には死をって」 りょたさん反応に困ってたw笑ったw

林「でもおれもNew Horizonやらせてもらったんです!やりたかったの!だからうれしかった」(PZDVDのLYOやりたかった風)

~SHOCKで光一に~

ここでSHOCKのッシャー!の話になる(WUで話してたやつ)

山「SHOCK初日に光一くんにまじ迷惑層な顔であれすっげーうるさいからやめてってマジな顔で言われたのご飯食べにいったときに。はいわかりましたぁって言ったんだけど、でもやっぱりあれ俺やりたかったから、楽屋行って、去年からずっとやってきたんであれだけはお願いしますっていったら、じゃ、じゃあいいよって言ってもらえた」

林「光一くん動かしたのそれすごいよ笑」

山「そんな光一くんは今日いないけど!今日来るって言ってくれてたのに!」

江「俺は潤くんにメールしたら、いけないけどお前ららしくがんばれよってきた」

林「俺は昨日相葉くんに電話したら、仕事だけどお前ららしくがんばれよっていわれたよ」

江「みなさんお忙しいからね」

~振り付けたんです~

山「どうしたらこの3人がかっこよく見えるのか、どういうフォーメーションなら3人より多く見えるのかとか考えてたから寝てなかったですよ」

林「それより大きくみえるようにしよ!!」

山「うまいなぁぁ!」

りょたさんオリジナルブルーの「love and peace~」のところの振りがすっごく好きなの!って話
C=Normalをミックスで繋げてくれた話

山「ほんとは3人でやりたかったんだけど…」

林「やっぱり必要だと思ったから直接僕らからMADEにお願いしに行きました」

MADE自己紹介

福士「They武道のライブに出られて光栄です!」

山「の割にはお前なんかステップ入ってたぞ」

冨岡「ついにアシメ切りました」

秋「今のほうがいい」

冨「みんなに言われる。俺の4年間なんだったんだろう」

稲葉「100人のっても?あーよかったぁぁ!これやりたかっただけです」

大河「MADEこと~みんな秋山大好きでええちゃうか~~~秋山大河です~~あれ?みんな秋山大好き江田!でもいいですよ~~~」

の流れでさっきの光一からの手紙~内容覚えてないw単独頑張れ!亮太が手紙書いてって言ったので書きました!みたいな!

林「MADEはいつもね、嵐で一緒で。それで先月もずっと博多一緒だったもんね」

でりょたさんハブにしようとするけどなぜか江田がハブにされて、

江「行ったのおれじゃん!一緒に言ったじゃん博多!」

大河「あーよかった!おれこれがやりたかった!」

後半戦行きますよ~と

日替わりコーナーでお客さんが封筒から日替わりAかB選ぶので曲が決める

林「超簡単な名前ですみません」www

M16 Love is... (KinkiKids)
江田林。うたう

M17 Circle
林山本。おどる。
「着信履歴覗き込む」林くん素敵すぎて!

M18. チラリズム (NEWS)
江田山本。かわいこぶる()
最前の自分たちのファンを選んで、がっつり目の前で!これは最前うれしいね!!!

 

【追記】

Bメドレー

M16 Plastic Tears (江田)

M17 Hit the floor (林)

M18 LOVE SONG (山本)

M19 秘密 (They武道)

2日目の昼公演、Hit the floorのイントロ流れてきたときの瞬間を忘れない…。秘密も…秘密も…秘密が特別すぎて、特別すぎて、大好き・・・・・・・

 


~MADEコーナー~
M19. WORLD QUEST (NEWS)
4人がNEWS4人でのこの曲を選んだのをちょっと考えただけでもう涙が止まらないの
手越のソロを大河が歌うんだけど
あー、この4人もずっと続くといいなって思って…

M20. Keep the Faith (KAT-TUN)
福士くんのラップ~ほんとにMADEらしい2曲で感涙!
衣装もすっごくかっこよかった!
Tシャツ、King、Heart、Spade、もうひとつ稲葉のがわからずorz

M21. 僕らの街で (KAT-TUN)
林くんソロ。
きっとみんな智想像したのかもしれないけど、林くん、歌いたいんだなぁってのがすごく伝わってきてうれしかった
去年twoを選んだのは、智が言ってたのも同じだったよね。
「歌聞きたい人と、踊ってほしいファンがいる」
それであの曲になった。歌で魅せられたから去年はそれだったのかなって思った
今年のhit the floorはどっちかっていうと踊りメインだし、
林くんがこの曲を選んだ経緯はわからないけど…、
すごいとこついてきたなぁって思ったよ。歌詞を考えさせられるんだよなぁ。

~アクセントダンス~
これはもうLoveコンほぼそのままだったなぁ。音も半分くらい借りてたと思う。くらい。笑
でもアクセントからぱらどっくすじゃなくてFDなんだねー泣くよねー
アクセントダンスは下セ上で山江林。らぶコンの私の記憶が正しければだけど二宮と大野の音は一部
だけどそのまま入ってたと思う…ロボットのアクセントって智くんだったよね?それが林くんだった…
って、まぁ一部だけど。似てるってことにしといて...。ほんとかっこよかったorz とにかく…泣く…


M22. Face Down (嵐)
キメ曲全部嵐なのね。なんなんだろうこの子達!
振りもほぼ亮太オリジナルだけど、「カギをあけたら」
のところだけはちゃんと鍵開けてるんだよね~~~~震えた~~~~
ままままっくらなそーらつーかもーがいっつらいかふーぱのーば!ほんとかっこよかったよ!!!!

M23. LIFE 目の前の向こうへ (関ジャニ∞)

M24. シャ・ラ・ラ

M25. ワイルドアットハート
最後だぞ~~~~って言ってお立ち台へ。なんかもうほんと嵐…
言葉出なかったよ…

MADE個人紹介
そしてそしてそして!!!
僕たちが!!せーの

They武道

手つないで。これ、ずーーーーーっとやりたかったのかなって
勝手に想像するだけで涙が止まらない
やっと言えたねって。
俺たちもやりたいね~って思いながらずっと先輩のバックついてたのかなって
涙が止まらないよ。ありがとう。おめでとう。

ワイハ終わって幕閉まらずにすぐハケて、
lovesosweetと共に…

山本 「本日は本当にありがとうございました僕たちthey武道からみんなにメッセージがあります。ほんとは一人一人の目を見て話したいんだけど、恥ずかしいから僕たちから手紙を書きました。心を込めて読みます」

入ってすぐ渡された手紙。
ここに載せたらもったないし、まだ公演数あるから、割愛で。

EC1. epilogue (タッキー&翼)
階段の上に白い衣装で3人登場
亮太泣いてる
そんな亮太を横目で、歌ってる江田ちゃんと林くん
なんかもうほんとに幸せだった
この瞬間を見てることが幸せすぎてほかに言葉がない

EC2. Yes?No?
「このままで終われるわけねーだろーーーー!」って。
いろんなこと書きたいけどもうここはそれぞれが想うことがあると思うからここも割愛…

挨拶
林くん
初めての単独、ここに立てているのは皆さんのおかげだと思ってます。でもここは通過点だしこれからもこの先にある景色を一緒に見に行けたらと思ってます。なのでこれからもthey武道をよろしくお願いします。they武道の一員で幸せです。みんなに出会えて幸せです。

江田 こうして今年もまたここクリエでまたやることができて、嬉しいです。これからもっともっと、地方とかでも、みんなと出会うことができればいいなって思ってます。全身全霊でがんばって行くので、これからもよろしくお願いします!

山本 ここに僕たちが立てているのはずっと前からみんながついてきてくれたおかげだと思ってます。事務所の方々とかがいたからできました。あの、感謝しています。They武道これからずっと上を目指して行くので、よろしくお願いします。

林「よく言えた!」ってハグしに行く

幕閉じるのが19:30

DECは挨拶のみ

林「さっき終わった瞬間に泣きそうになって…」

山「泣きそうになって…」泣いてたじゃん!って総ツッコミ

山「誰か泣いてたなぁ」

林「誰か泣いてたねえ。ほんとに、ありがとうございました。さっきも言ったんですけど、ここに立てているのは…僕たちだけじゃなくて、みんなが応援してくれてるおかげだと思ってます。ありがとうございます。心から思ってます。さっき江田ちゃんが言ってましたけど、ツアー…とかもやって見たいねって話をしてました。いつかね!」

山「全ツアーでたぶん俺泣くけどいい?」

林「勝手に泣いてください」

林「やっぱりここがゴールじゃないし通過点だし、これからも素敵な景色がみんなとたくさん見て行きたいと思ってるので、これからもよろしくお願いします。皆を幸せにしてみせます!」(超ニュアンス)

江「ありがとうございました!」会場爆笑 江「なんで笑うの!?」

江「俺が喋るとみんな笑うのなんで!?」

林「それあれだよ、江田ちゃんが喋った!!!ってなってるみんな」 (緞帳が下がってきたからみんな笑ってた)

林「江田ちゃん!ほら、もっと存在感だして!!」

江「ありがとうございました!ほんとにみんなの力があって僕たちは今年もクリエができたと思ってます。今日ここに来れなかった人もいると思います。でもその人たちも応援してくれてると思うので、その人たちのぶんも?ぶんまで?頑張っていくのでこれからもよろしくお願いします!」(このへん噛み噛みで曖昧)

山本「ありがとうございました!(ボリューム大)これ以上喋ると泣くからやめます!光一くんからもお前バカなんだから喋るなって言われてるので!今日のライブを通して、僕は沢山の人に支えららてるって思いました。江田ちゃんもだし、翔太もだし、MADEもだし、感謝してるんです!ほんとに!それだけです言いたいのは!みんな今日はゆっくり寝てください!!」

林「お前がだよ!」 のタイミングで幕閉じはじめる。

19:40終了

DECあったの奇跡だったのかな時間的に…。

PARADOXで始まってMC前はハダシで終わり、アクセントダンスからFACE DOWN、最後はワイハ、そしてアンコールyesnoでおわり、挨拶。
嵐しか知らないの?って思っちゃうくらい構成が嵐だし、なんかもう…。言葉が出なかった

PARADOXで始まった時点でもう6000円だよね。むしろもっと出せるよね。笑

なんかなー。いろんな先輩の曲のいいとこどりしちゃってるThey武道が愛しくて。
たぶんこの3人って、特別仲良いわけじゃない。
だけどこの3人のお互いの距離感が、すっごく良い関係なんだろうなって改めて思えるの

それはふとした一人一人の視線だったり。
やっぱりトークはまだまだだけど、頑張ってたのはすっごく伝わってきたし、
きっと何度も何度も話すこと打ち合わせしたんだろうなって思えたし、
そんな彼らがほんとに愛しくて。

ここは通過点だから。って言ってる林くんに涙が止まらなくて。
淡々と言ってるけど、手紙にも書いてあったけど、「悔しい想いも辛い思いもたくさんしてきて」。
ファンなんかは想像できないくらい厳しい世界なんだよねJrってきっと特に。
それでもこのジャニーズ事務所っていう事務所に所属し続けてくれて、
They武道としての道を選択してくれた彼らにありがとうしかいう言葉がなくて。

「嵐バックは墓場」そんなことも言われてた嵐のバック。
Jrは仕事選べないから、っていったらそれまでだけど、
でもそれだけだったらこのセトリには、この構成には、この挨拶にはならないよね。

They武道単独初日。
単独公演ってほんとに幸せだなって思ったんだ。
なんか、当たり前じゃないんだって改めて思えたし、
これが続くのかわからないけど
「ツアーできたらいいねって」
今は夢の夢かもしれないけど、でもそんなことをファンの前で口にできるようになったThey武道が嬉しくて。
こんなに実力あるのに一歩下がったところにいた彼らが少しだけ前に出てきてくれたような気がして。

現在の、今の、They武道の等身大の姿を見ることができた気がしてほんとにほんとに幸せだった。

あと4公演しかないんだね。早い。
でもこの全5公演をほんとに幸せに、1回1回の幸せを噛みしめて見届けたいと思う

彼らの初めての風景は、ずっと一緒に見てきたから
これからも一緒に見る
それがまたひとつ叶った5月19日でした。
まだまだ通過点だもんね。やっと前に出てきてくれたから。
そんな3人にこれからもずっとついていきたいって思ったんだ。

幸せでした。

単独公演、本当に本当におめでとう。

この先もずっとずっと、単独初日は忘れられない特別な日。